コンテンツの編集

沿革

History

沿革

1943年 大阪市大淀区に於て個人創業松山鉄工所として発足する。
1949年 松山ベンド製作所と改称し、電線管附属品のうち主としてノーマルベンドを製造する。
1959年 摂津市の現大阪本社に所在地を移転する。
1960年 株式会社松山ベンド製作所を設立。(資本金100万円)
1967年 松下電工株式会社本社協力会に加入する。
1968年 資本金1,000万円に増資。
1969年 松下電工(株)品質管理優良協力工場に認定される。
1971年 日本工業規格(JIS)表示工場として認定される。
1978年 資本金3,000万円に増資。
1979年 滋賀県近江八幡市に滋賀工場を新設し、生産体制の充実を図る。
 松下電工(株)品質管理充実賞を受賞する。
1980年 滋賀工場の日本工業規格(JIS)表示の認定を受ける。
1981年 工業標準化実施優良工場として、大阪通商産業局長賞を受賞。
 松下電工(株)技術向上成果銀賞を受賞。
1983年 松下電工(株)技術向上成果金賞を受賞。
1985年 社名を現社名のマツヤマ電機株式会社と改称する。
 滋賀工場の増設拡充を図る。
1996年 JET第三者認証を取得。
2001年 ISO9001を取得する。
2002年 4月 創業者松山輝夫勲五等瑞宝章受章(産業振興功労)
2003年 ISO14001を取得する。
 本社新工場を増設し、合成樹脂可とう電線管の製造を開始する。
 大阪府鍍金工業組合より環境整備優良事業所に認定される。